2022.12.17 (SAT)
Zettai-Mu "ORIGINS"
at NOON+CAFE OSAKA

[ LIVE ]
THA BLUE HERB from SAPPORAW

KURANAKA a.k.a 1945
27years resident of Zettai-Mu

DJ GEORGE
(J.studio06 / Menace / MadamWooOsaka / onemore art / newkid'n play)

[ LIVE ]
RowHoo


[ BEAT LIVE ]
Phennel Koliander

(EPISTROPH / Table Beats / Jazzy Sport Kyoto)

ANCHIN
yuri
(WATCH YOUR STEP)
INGA (the Lights)
101
HARUKI
0mSv
(夜喫茶アルカ / 9castle / Asyl mind)
MTO
Reflex Man
(L’ECHO RECORDS) and more.

Main Floor
ZTM SOUND SYSTEM
Room 2
369 Sound

@ NOON+CAFE
ADDRESS : 大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下
3-3-8 NAKAZAKINISHI KITAKU OSAKA JAPAN
Info TEL : 06-6373-4919
VENUE : http://noon-cafe.com
EVENT : http://www.zettai-mu.net/news/2212/17

OPEN/START : 22:00
ENTRANCE. ADV. 2,800yen(LIMITED 150)
DOOR. 3,300yen
Under23. 2,500yen
※ 入場時に1DRINKチケットご購入お願い致します。

【前売券 <限定LIMITED 150>】
11月上旬より、プレイガイド(e+)WEB SITE等にて発売開始!!
(枚数限定になりますので、お早めにご購入ご登録お願い致します。

TICKET INFORMATION
ZETTAI-MU WEB SITE ↓

¥2,800

送料無料 (クリックポスト/追跡あり/補償無し)
※ 振込手数料は購入者様負担でお願い致します。

・e+ : 購入ページ
・NOON + CAFE : https://noon-cafe.com/events/zettai-mu-origins-yoyaku-8/

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策】
・マスク着用での来場をお願いします。
・非接触体温計で検温をさせて頂き、37℃以上の場合はご入場をお断り致しますので、 予めご了承ください。
・店内の換気量を増やし、最大限換気を行います。
・体調がすぐれないとお見受けするお客様がいらっしゃいましたら、
  スタッフがお声がけさせて頂きます。

【お客様へご協力のお願い】
以下のお客様はご来場をお控え頂きますようお願い申し上げます。
・体調がすぐれないお客様
・37℃以上の発熱や咳など風邪の症状があるお客様
・くしゃみや鼻水などによる他のお客様にご迷惑をかけする可能性があるお客様
・ 60歳以上の方のご入店をお断りしています 。

その他、会場 WEB SITE : http://noon-cafe.com を参照下さい。

● SNS
Instagram(@zettaimu) --- https://www.instagram.com/zettaimu
Facebook --- http://www.facebook.com/zettaimu.jp
Twitter(@zettai_mu) --- http://twitter.com/zettai_mu


● Special Supported by Flor de Cana






今年THA BLUE HERBは結成25周年を迎える事が出来ました。
長年に渡る理解とサポート、ありがとうございます。

ここ関西エリアは1999年のベイサイドジェニーでの初上陸以来、
アメ村界隈や名村造船所跡など数え切れない夜をZETTAI-MUと共に過ごしてきました。
灼熱のステージ最前線、オーディエンスの熱狂、強者達との数々の饗演が思い出されます。

来たる12月17日にZETTAI-MUに帰還が決定しました。舞台はもちろんNOON!
最近の大阪はライブハウスの時間帯が続いてましたが、
この夜は久々の真夜中のクラブ、年の瀬の賑やかさに乗っかって、
ド派手にやらかしたいと思っております。

いつもの人、いつかの夜以来の人、
そしてここからの人、上げるんで、上げに来てください!

from ILL-BOSSTINO , THA BLUE HERB 2022




PROFILE









THA BLUE HERB

ラッパー: ILL-BOSSTINO、トラックメイカー: O.N.O、ライブDJ: DJ DYEの3人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。'98年に1st ALBUM「STILLING, STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」、'07年に3rd ALBUM「LIFE STORY」、'12年に4th ALBUM「TOTAL」を発表。'04年には映画「HEAT」のサウンドトラックを手がけた他、シングル、メンバーそれぞれの客演及びソロ作品も多数。映像作品としては、地元北海道以外での最初のライブを収めた「演武」、結成以来8年間の道のりを凝縮した「THAT'S THE WAY HOPE GOES」、'08年秋に敢行されたツアーの模様を収録した「STRAIGHT DAYS」、そして活動第3期('07年〜'10年)におけるライブの最終完成形を求める日々を収めた「PHASE 3.9」、'13年に東北の宮古、大船渡、石巻でのライブツアーを追った「PRAYERS」を発表してきた。'15年にILL-BOSSTINOがtha BOSS名義でソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」を、'16年には前年末の東京リキッドルームでのライブを収めた「ラッパーの一分」を発表。'17年、結成20周年を機に初のオフィシャルMIX CD「THA GREAT ADVENTURE」、シングル「愛別EP」を発表。同年10月には台風直撃の豪雨の中、日比谷野外大音楽堂で20周年記念ライブを行い、その模様をノーカットで収録した「20YEARS, PASSION & RAIN」を発表した。'19年、2枚組30曲収録の5枚目のアルバム「THA BLUE HERB」を発表。続くライブ行脚の最中、コロナ禍におけるライブ休止を受けて、「2020」を2020年7月に発表した。'21年、結成24周年を記念して地元札幌から24時間生配信を敢行した。
2022年、結成25周年を迎え、秋に全国ツアーを開催。

HIPHOPの精神性を堅持しながらも多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。巨大フェスから真夜中のクラブまで、47都道府県津々浦々に渡り繰り広げているライブでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。

★ WEB SITE --- http://www.tbhr.co.jp
★ Twitter--- https://twitter.com/tbhr_sapporaw








KURANAKA a.k.a 1945

11の顔と1000の腕を駆使し暗雲の空の下 革命の狼煙を上げ続ける日本を代表するアーティスト。四半世紀以上に渡り日本のトップDJ/オーガナイザーとして活躍してきたKURANAKAは、今も尚シーンの最前線を進み続ける現役のレジェンドだ。ジャングル、ドラムンベース、ルーツ&カルチャー、ダブ、ダブステップ、アブストラクト・ヒップホップと呼ばれる 奴隷貿易から解放という人類の非道の歴史から産声をあげ奇しくも発展し全世界に広まった現代の集会音楽である サウンドシステム・ミュージック、怒りや憤り葛藤 またそれらを享受し生きるエネルギーにみちた文化・音楽のスペシャリスト。関西に所縁のある音好きは一度は通ったと言われるモンスターパーティーZETTAI-MUベースミュージック・サウンドシステム イベントの最高峰OUTLOOK FESTIVAL JAPAN主催。
30年もの間、年間100 本近いギグを行い、LEE PERRYのジャパンツアーをはじめ、JAH SHAKA、ADRIAN SHERWOOD、ABA SHANTI-I、IRATION STEPPAS、DENNIS BOVELL、LKJ、ZION TRAIN といったルーツレゲエ/ダブ界の重鎮達の来日公演から、CONGO NATTYをはじめ HYPE、SHY FX、RONI SIZE、REPRAZENT、ZINC、DEGO、The BUG、MALA(DMZ)等のジャングル/ドラムンベース/ ダブステップのアクト、グラミー賞5冠制覇のDAFTPUNKの初来日公演、ロンドンオリンピックの音楽監督 Underworld、マーキュリー賞のグランプリJAMES BLAKEの初来日公演にも招聘されている。またグラミー候補 カリフォルニアのFLYING LOTUS、ニューヨーク・ブルックリンの COMPANY FLOW、UKのNINJA TUNE、ブリストルのSMITH&MIGHTY といったヒップホップ/ビーツ系、ATARI TEENAGE RIOTなどのハードコアミュージック、またソロでのツアーをはじめ、KODAMA KAZUFUMI、THA BLUE HERB、DRY&HEAVY、GOMA、BOREDOMS、HAPPERS ALL STARS、REBEL FAMILIA、GOTH-TRAD、OKI DUB AINU BAND、QUIETSTORM 等と全国ツアーを行っている。ジャンルの垣根を超え本物の音楽の近くにはいつも彼の姿があった。 これまでに国内外50回以上のツアー行脚を行っている彼は、イギリス ロンドン、スペインのInternational Dub Gathering、クロアチアのOutlook Festival、チェコのCross Clubなどのヨーロッパをはじめ、北京、上海、成都、香港、台湾、韓国、タイ、フィリピン、ベトナムなどアジア諸国でもゲストアクトとして招聘されている。
昨年25周年を迎えた日本唯一のロングランパーティーZettai-Mu(名村造船所跡地、大阪Bay Side Jenny、梅田club Dawn・Noon、新宿・恵比寿Liquidroom、西麻布Yellow・Eleven、代官山Unit、代官山AIR、難波Rockets、難波MotherHall、Club Quattro、Circus、渋谷Asia、京都Metro、World kyotoなど)大手やメジャーと組まない、近年のインディペンデンスなDIYフェスティバルの先駆けとなっている 大阪秋の風物詩、造船所跡地をフルに利用して行われる Zettai-Muのアニバーサリーイベント、近年盛り上がりを見せるベース・ミュージック/サウンドシステム・パーティの最高峰Outlook Festival Japan Asia初となるSonar Music Festival の国外サテライト・イベントA Taste of SONAR、日本のダンスミュージックの聖地とも呼ばれるLIQUIDROOMのアニバーサリーイベント、スペインのInternational Dub Gathering (Rototom Sunsplash)ジャパンローンチ、不定期に時開催されるビーチ・パーティーExodus Islandなども主催する。また日本初の野外レイヴRainbow 2000のメイン・レジテンツをはじめ、Fuji Rock Festival、朝霧Jam、METAMORPHOSE、Saturn、Earth Dance、渚音楽祭、舞音楽祭、明宝 Reggae Festa、ONENESS CAMP、KAIKOO、BASSCAMP、波の上フェスティバルといった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。また シーンの草分け LiquidroomのDrum&Bass Sessionsや、アンダーグラウンド・ヒップホップ最前線Tight等のレジテンツを努める他、DRY&HEAVY/REBEL FAMILIAのベーシスト AKIMOTO”Heavy”TAKESHI、DRY&HEAVYのボーカル AO INOUE、ディジュリドゥ奏者 GOMA、伝説のラッパー TOKONA-X、アイルランドのルーツシンガー CIAN FINN、和太鼓チームとのコラボレーション、コロナ渦中には地元京都で Daichi Yamamoto、Umeといった若手アーティストをフィーチャリング。BOREDOMSのE-DA、アコーディオン奏者 COBA 等とのセッション、また 若野 桂、Kads MIIDA、2-yang、Dragon76、Doppel、BAKIBAKI といったペインターと音の場で融合するといったパフォーマンスの草分けでもある。近年は日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文とのライヴセットでの活動やShing02とのコンビで 2つの国際芸術祭(2014年 ヨコハマトリエンナーレ、2015年 KYOTO PARASOPHIA)1年に渡り繰り広げられたステージを飛び出し観客と深化させる問題作「日本国憲法」がリリースされるなどジャンルや時代の垣根を越え様々なシーンで活動する。「海底2万マイル ZETTAI-MU 丸腰でトライするエンタープライズ ゼロ足しても掛けてもゼロ」、THA BLUE HERBのBOSS THE MCが歌っている様に、シーンを底の底で牽引する日本のクラブシーンのパイオニア。
初期のリリースはMOUという名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 〈MILLE PLATEAUX〉よりアブストラクト・ヒップホップの先駆けELECTLIC LADY LAND等にVADIM、THE BUG 等と並びクレジットされている。またコンピレーション「響現」やCISCO RecordsよりDRY&HEAVYのベーシスト AKIMOTO”HEAVY”TAKESHI をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。1945名義では TIGHTシリーズのミックスを煙突レコーディングスよりリリース。リミキサーとしても AUDIO ACTIVEのリミックを〈On-u sound〉よりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE、CHURASHIMA NAVIGATOR(2019年4月リリース) 等の作品を解体〜再構築している。また ロンドン ICA 現代美術館、ヨコハマトリエンナーレ、KYOTO PARASOPHIAなどでのアートショーや、アメリカ ネバダ州 Burning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど活動は多岐にわたる。そしてジャングル〜ドラムンベース黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されている KORG「KAOSS PAD」が、彼のプレイからヒントを得て開発された事はあまり知られていない。また80年代の音色を復刻したKURANAKAモデルのSiren MachineはMALA(DIGITAL MYSTIKZ )やThe BUG等 世界のトップアーティストが愛用している。 強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。

Born in Kyoto, Japan. He is a descendant of the temples of the one of the most famous Buddhist monk in Japan history, the initiator of the Buddhist incantation chanting, drumbeating, and dancing (origin of the Bon festival dance).
 He makes full use of his 11 faces and 1000 arms to continue to be the beacon of peace and revolution, from his underground performances in Japan. His riddim to be combined with his open minded instruments that build-up upon, the Super heavyweight bass that goes back and forth with the whole body, with dub effects that of a beast, letting the floor dance madly with joy.  He is a Dub. Jungle and Sound system music pioneer who has been the undisputed leader in the genres for about 30 years. He has performed at over 2000 gigs, and has organized more than 500 Dances until now. He has organized w famous and important Dance in Japan "Zettai-Mu" began in 1995 (Bay Side Jenny, Namura Shipbuilding, Noon, Liquidroom, Unit, Yellow, Eleven, AIR, Rockets, Motherhall, Quatro, Circus, Open Air and more) it will be 25th anniversary 2020!! and then "Outlook Festival Japan" (ageHa Studio Coast, Sound Museum Vision and more) also "Exodus Island " "A Taste Of Sonar (its first time in Asia Sonar Festival)" "International Dub Gathering Jahpan" as well. He performs about 100 gigs a year for more than 25 years, and tour pilgrimages more than 50 times including Japan, Asia, UK, Europe , British London, Spain "International Dub Gathering" "Outlook Festival" and then active in the Asian countries including Beijing, Shanghai, Hong Kong, Korea, Taiwan, the Philippines, Vietnam, Thailand etc in recent years. and also He did use Sound System for Bass music first time in japan.
 Kuranaka (a.k.a 1945) also has been hugely successful with festival appearances throughout Japan, such as the Fuji Rock Festival, Rainbow 2000, Asagiri jam, Metamorphose, Earth Dance, Saturn, Dommune, Nagisa, Mai Music Festival , Outlook Festival and Sonar Festival. such as art museums (Yokohama Art Museum , Kyoto Museum of Art , London ICA etc), the Valley and seaside, Club Hall of city, the Gap of Building and the top of Desk, and the Your Ears.
and then He declined the offer of contract from many major label of japan also world. chose this way staying normal.
 Kuranaka has also toured Japan with Dub Reggaes such as Lee perry, Jah shaka , Aba shanti-i , Mad professor , Zion Train , Adrian Sherwood , Dennis Bovell etc. then Drum and Bass / Jungles such as Roni size Reprazent, Congo Natty, Shy fx, Andy C and many. More then he play with Daftpunk , James Blake , Darren Emarson Underworld , Ash Ra Tempel , Atari Teenage Riot and many more in First visit japan show. he also Performed Flyng Lotus , Battles , The Orb , Smith&Mighty , Cold cut Ninja Tune etc. ofcouse he also with Japanese Acts such as Boredoms, Dj Krush , Audio Active , Tha Blue Herb , Dry&Heavy , Oki dub ainu , Goma , Goth-trad and many more.
 He perform live set with "Kazufumi Kodama" of Japanese reggae originator from Mute Beat. also Didgeridoo player "Goma" and then The controversial product "the Constitution of Japan" developed by a combination with "Shing02" for two International Art Festival (Yokohama Triennale, Kyoto Parasophia) It was created and released for one year.
 He also creates and plays music with Heavy (Dry&Heavy, Rebel Familia), Ao (Dry&heavy), Goma (didgeridoo), Coba (Accordion), NHK Koyxen, E-da(ex.Boredoms), Iccihie (ex.Determinations) , Tokona-x etc. He released (suchas) DJ Spooky , DJ Vadim also The Bug as the name of "MOU", which is the pioneer Future Beat Music "Electlic Lady Land" from the well-known German's "Mille PlateauxI" Moreover, as the name of "Kuranaka", he attended compilation of "Kyogen" with Calm, Shing02 and so on. Furthermore, as the name of "1945", he released featuring alongside ex-Dry&Heavy's bassist, "Akimoto Heavy Takeshi". also released Mixs called "TIGHT" from "Entotsu Recordings". He(and his Live CDs) amassed the sold out sales including all the titles. As a remixer, he sends deep world, dissembles and reconstructs masterpieces done by On-U Sound (UK) Audio Active , Rebel Familia, Churashima Navigator, Original Love, Jun-Gold (Tha Blue Herb Recordings) and so on. The strong beats with the message is down to earth and very sensitive but mighty sense of "Past", "Now", and "Future". We are fighting against the monsters of our own creation. Remember 1945, Peace one love Harmonic future !!
 Japanese written "クラナカ" also his name in long time ago. and then "The Kaoss Pad" used habitually all over the world is.. Delay, Reverbe, Siren.. It was developed by him. and the his model "Siren Machine" thats using Mala (Digital Mystikz) also The Bug etc.  The message carried out from his strong beat, reaches those of whom both legs are grounded to our earth, is delicate, yet, powerful.. the 21st century taiko drummer, waves his flag to peace and love for a harmonic future. Somewhere, now today.

★ Instagram --- https://www.instagram.com/zettaimu
★ Facebook --- http://www.facebook.com/zettaimu.jp
★ Twitter(@zettai_mu) --- http://twitter.com/zettai_mu
★ Youtbe --- https://www.youtube.com/channel/UCugel8QVOlAVQXsyb8d6Ovw
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/kuranaka1945
★ Outlook Festival Japan --- http://outlookfestival.jp







DJ GEORGE

常に全身でHipHopを体現するかのような独自のスタイルで、幅広い音楽ファンを楽しませ続ける"HipHop"というジャンルの醍醐味を伝える上で最も大切な"アンテナの高さ"は業界屈指。 新しいムーブメントと共にいつまでも進化し続けるHipHopを、高い次元で発信する、いちDJの枠を超えたアーティストである。 またLive DJでの評価も非常に高く今まで Doberman INC.Seeda. Zeebra.Ryuzo.Anarchy.Kojoe.Bes(Scars).Koh(Tha Jointz)等とLiveTourを敢行し伝説を共に作り続けている

★ Instagram --- https://www.instagram.com/djgeorge69








RowHoo

大阪府八尾市生まれ ギター弾き叩き語り
BAND / NEKOSOGI

★ Instagram --- https://instagram.com/row_hoo_








Phennel Koliander

京都出身。LAやDetroitのビートシーンに影響を受け2010年よりビートメイクに着手。SOUL,JAZZ,REGGAE,電子音,ノイズ,環境音と如何なる素材も巧みにコラージュしてグルーヴへと昇華させるビートメイクスキルは唯一無二。
 過去にはAnderson.Paak"MALIBU"を再構築したコンセプトビートテープ"RE:BUILD"と"Tempaling File 0"そしてコンセプトビートテープ"%"シリーズをリリース。illa-J,Eric Lau,DJ KRUSH, STLNDRMS, James Tillmanなどとのイベント出演、THE NORTH FACE CUPやF.C.Real Bristol、京都市夜観光推奨企画への楽曲提供、BLUE NOTE×EPISTROPHのコンピレーションアルバムへの参加、NikeとSOPHの共同ブランド"F.C.Real Bristol"への楽曲提供などを経て、ビートプログラム"Table Beats"の指揮を取り2019年にはJazzy Sport Kyotoからコレクティブビートアルバム"Someone'Order"をリリース。またNative Instruments社のサンプルパック"CONCRETE SUN"の開発に参加したり、Daichi YamamotoのライブDJなど様々な活動を継続しながら各地でのビートライブもこなす。

★ Instagram --- https://www.instagram.com/phennelkoliander
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/phennelkoliander
★ Bandcamp --- https://phennelkoliander.bandcamp.com/music







ANCHIN

音楽への人一倍の愛情をもってwe wantやstones throwなどの関西各地のホットなパーティーにて活動中。 ヘッズとしてのアンテナも鋭い一方で、EDITやMIXも自主制作・リリースも行っている。 ダンスミュージック、R&BやHipHopなどOLD / NEW問わず枠にとらわれない選曲と流れで心地よいグルーブを作り出す。

★ Instagram --- https://www.instagram.com/anchin131
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/anchin131







yuri

2019年、南アフリカの現行音楽に魅了されDJを始める。 今ではamapiano / gqom / dub / tribal などをミックスするスタイルで静岡県を拠点に活動する。 地元浜松にあるDJ bar ”overdub”にて自身の主催するイベント「WATCH YOUR STEP」も不定期で開催。

★ Instagram --- https://www.instagram.com/yuriitoh
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/yuri_wys







INGA

18歳の頃から始めたBMXをきっかけにストリートカルチャーに触れDJとしての活動も始める。ジャンルや年代、バイナル/デジタルなどのフォーマットに拘らず独自の目線で解釈されたブラックな選曲がモットー。







101

1990年代半ばにJUNGLE/DRUM&BASSに出会って以来、JUNGLE/DRUM&BASSのレコードを買い集めて研究するのがライフワークとなったレコードコレクター。DJでは最新のDRUM&BASSから90年代初期のRAVEまで様々なスタイルでプレイし、ロングセットを得意としている。近年はDRUM&BASS/JUNGLEからTECHNOなど他ジャンルへのアプローチに傾倒。毎月第2金曜日にBar muffin'(大阪心斎橋)で"shake hands music"、DJ DIE、ADDISON GROOVE、K-Loneなどの外国人アーティストの関西公演を主催。Reform Radio、BS0radio、Tsubaki fm Nagoyaの配信に参加。2022年はBS0xtra(Contact Tokyo)、解体新書(Contact Tokyo)、Razor Sharp(Club Mago)などに出演。引き続きReinforced Records 2nd Waveのレコードを軸にライフワークを続けている。

★ Instagram --- https://www.instagram.com/currymania
★ Twitter --- https://twitter.com/currymania







0mSv

ビートメーカー / DJ 1989年産。熊本県出身。 夜喫茶アルカ・9castle・Asyl mindに所属。 10代の頃からアブストラクトなヒップホップ・ビートを好んで聞き、2010年代にはヒッピーコミューンにてダンスミュージックの洗礼を受ける。その後関西へ拠点を移し、ベースミュージックやヒップホップの面白さを改めて認識し、生活の一部となる。 2000年代よりビートメイクやDJ活動は行うも、個人としては全くリリースすることなく20年代に突入。現場での緊張感や高揚感を好み、現在は大阪・兵庫などの関西を拠点に活動中。 ビートメイクでは新しく鳴りの良いドープなビートやダンスミュージックを。 DJでは幅広い選曲で、梅田noonで行われるThe Lights、アルカナイトなどで活動中。またラッパーへの楽曲提供も行なっている。

★ Instagram --- https://instagram.com/zeromsv2
★ Twitter --- https://twitter.com/msvzero







REFLEX MAN

ヒップホップ界出身のREFLEX MANは、10年以上にわたって様々な音楽イベントを企画し、参加してきました。 レーベルL'Echo Recordsのクリエーターである彼は、DJ、ミュージシャン、作曲家、その他のアーティストのプロモーション、芸術的発展、流通に進んで関与しています。 2015年には、パリの協会「Fauchage Collectif」に参加し、フランス国内の多くのイベントに参加した後、2018年にはアジアに向かいました。 彼のDJセットは、彼の出会いが糧となり、常に進化しています。 幅広いジャンルとサウンドを演奏することができるので、楽しみ方を変えるのが好きで、参加するイベントでは常にうまく溶け込んでいます。

★ Instagram --- https://instagram.com/haeneteach
★ Instagram --- https://instagram.com/lechorecords