ZETTAI-MU
2020.4.24 (FRI) @NOON+CAFE OSAKA

日本中の真の新の進の震の深の神の心のミュージックラバー&ベースジャンキー達がしんしんと集結する、日本唯一のロングラン・パーティー<ZETTAI-MU> 2020年の今年、25年目 四半世紀の節目を迎える。コアとなる点はブレることなく、音楽や文化が進化・成熟する度に、ZETTAI-MUもアップデートを繰り返してきた。時代は移り変わろうとも、常にその最前線・最深部に存在し続けているパーティーであり、国内外問わず、数々のレジェントを迎え、幾度となく最高の夜を(至福の朝を!)演出してきたパーティー。 内臓が震えているのがわかるほどの重低音と、血湧き肉踊るリズム、 生き方すら変えてしまうほどの強靭なメッセージ、そして"集まる"という大事さ。 記憶に焼き付く、身体に染み付く、忘れ得ない体験がそこにはある。 4月24日(FRI)@ NOON+Cafe(Umeda.Osaka)は、 Massive AttackやWILD BUNCHと共に、 数々のオリジナリティあふれる革新的な音楽を生み出し続ける世界の音楽の発信地ブリストル・ミュージックの代表格 SMITH&MIGHTY より、Jungle-Drum&Bass-Dubstep-Abstract Beats etc のトップ・クリエーター&DJとして世界中に広がるシーンのリビングレジェンド!「ROB SMITH a.k.a RSD」が登壇!! 日本が誇る2つのグループ DRY&HEAVY の「秋本武士」と THA BLUE HERB の「O.N.O aka MachineLive」によるスペシャルライブ!!

※4月よりジャパンツアーで各地を巡る予定のロブ・スミス氏ですが、コロナウィルスの影響により来日が困難となり、出演は延期となりました。 4/24 大阪 Noon は通常通り開催予定です。








[ SPECIAL GUEST ]
ROB SMITH a.k.a RSD (Smith & Mighty from Bristol.UK)


[ SPECIAL LIVE ]
秋本 "HEAVY" 武士 (DRY&HEAVY)
× O.N.O a.k.a MachineLive (THA BLUE HERB)

[ 25th Years Resident ]
KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)

Mayumikiller (LOSER / DUBLAB.JP)
HARUKI
101
ランプ (Aliens)
and more...!!!

with SOUND SYSTEM

[ LIVE PAINT ]
中LA (Attack tha moon)

@ NOON+CAFE
info tel: 06-6373-4919
ADDRESS: 大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下
3-3-8 NAKAZAKINISHI KITAKU OSAKA JAPAN
WEB SITE : http://noon-cafe.com


OPEN/START. 22:00



PROFILE






ROB SMITH a.k.a RSD

Massive AttackやWILD BUNCHと共に、 数々のオリジナリティあふれる革新的な音楽を生み出し続ける世界の音楽の発信地"ブリストル・ミュージックのレジェンド、スミス&マイティ"ROB SMITH a.k.a RSD"!! 80年代前半より、レゲエバンドのレストリクションで活動を開始。その後、レイ・マイティと共に、ブリストル・ミュージックの代表格として君臨するスミス&マイティとしての活動を始め、マッシヴ・アタックのファースト・シングルをプロデュース。そして バカラックの古典をブリストル流に解釈した「エニィワン」の大ヒットによって、マッシヴ・アタックと並ぶブリストルの顔としてメディアに大々的に取り上げられるようになる。これまでに「ベース・イズ・マターナル」「ビッグ・ワールド・スモール・ワールド」「ライ フ・イズ ...」2003年には初のベストアルバム「フロム・ベース・トゥ・ヴァイブレーショ ン」を発表。また、ロブは、初期のマッシヴ・ア タックにも参加していたピーターDとのドラムンベース・ユニット"モア・ロッカーズ"での活動も精力的に行っており、2004年にはアルバム「セレクション3-トライド・アンド・テスティド」をリリース。DJ-Kicksより「Smith & Mighty」、ソロアルバム「アップ・オン・ザ・ダウンズ」を発表。09'年には、ブリストルのパンチ・ドランク・レコードの記念すべき1枚目のアルバムとして「グッドエナジー」をリリースする。 2009年スミス&マイティーとして【METAMORPHOSE】に来日。現在進行形のブリストル・ミュージックで多くの日本のクラウドを沸かせた。そして、2011年には、ZETTAI-MUよりニューアルバム「GO IN A GOODWAY」をリリース、同年3月の"SMITH&MIGHTY"公演は震災の影響により中止になったが、急遽 DOMMUNEによる【WE PRAY FOR JAPAN】に出演、日本中を音楽の力で勇気づけた。近年はスミス&マイティの進化版とも言えるダブステップ名義"RSD"で数々の傑作を生み出し【GRASTONBERY FESTIVAL】【OUTLOOK FESTIVAL】【Deep Space NYC】等オーディエンスを魅了しつづけている。2014年には、"Rebel Sound (Chase & Status + Rage, David Rodigan, Shy FX)" など世界中で話題になった【Red Bull Music Academy - Red Bull Culture Clash】Bristol大会において(Rsd + Pinch + SGT Pokes + Joker + Jakes + Chef + Riko Dan)"Subloaded Sound force"として、Winnerに輝いたのも記憶に新しい。レゲエ〜ダブ〜ジャングル〜ドラムンベース〜ダブステップのトップ・クリエーター/トップDJとして世界中に広がるこのシーンのリビングレジェンド!正真正銘、最新最核の現在進行形のブリストルサウンド!

RSD, perhaps better known as Bristol bass music stalwart Rob Smith and one half of the respected production duo Smith and Mighty, has been pushing bass heavy rhythms for more than two decades. Forming the, now legendary, production duo Smith and Mighty with collaborator Ray Mighty in 1987, the pair's early releases on the Three Stripe label were influential in laying the groundwork for both the trip hop and jungle scenes for which Bristol would become renowned. As well as their own releases, they take production credit for Massive Attacks first release 'Any Love' and Fresh Fours top ten hit 'Wishing on a star'. From there it went to a world-wide respected musical career as Smith & Mighty − with world-tours and releases on K7 − including the now legendary DJ Kicks Mix series. Rob remains firmly at the forefront of Bristol's endlessly inventive music scene, with a staggering discography and a range of projects encompassing dub, drum and bass, 2-step and dubstep, Rob Smith has his finger squarely on the bass-pulse. Under the moniker RSD, Rob Smith produces fresh, innovative bass music that simultaneously pays dues to his deep soundsystem roots while pushing things ever forward. He comfortably adapts to the rolling, sub- heavy rhythms of dubstep. With releases on respected labels including Punch Drunk, Earwax,Tectonic, Black Box and Moonshine, RSD's sound is typified by impossibly heavy soundsystem-testing sub-lines and junglist dub breaks.On the DJ front, RSD is constantly touring the world, he stopped in Switzerland, Holland, Sweden, Slovenia − toured through Asia (China, Japan, Thailand, Philippines and Vietnam) and of course performed all over the UK − the summer months are filled with festival, outdoor and club gigs in Finland, Ukraine, France, Slovakia, Poland, UK's Glastonbury festival and as resident DJ at Croatia´s Outlook Festival, and as a glorious end to a very busy 2011, "RSD" released Go In A Goodway from "Zettai-Mu. RSD appeared in "WE PRAY FOR JAPAN" by DOMMUNE in haste and empowered/encouraged Japan by music. RSD performed on New Year´s Eve at the massive Electronic Ballroom event in Tokyo alongside Francois K, Goth-Trad and DJ Kentaro from Ninja Tune Japan plus many others. in 2012, Rob was reunited with Ray Mighty for a massive Tokyo date with Mad Professor. 2014, RSD performed Deep Space NYC also Red Bull Culture Clash Bristols Winner Subloaded Sound force with Pinch, SGT Pokes, Joker, Jakes. He is the legend of the present tense of the world wide scene as the top creator/ the top DJ for reggae, Dubstep, Drum & Bass and Jungle Amazing Bristol music.

★ Zettai-Mu --- http://www.zettai-mu.net/artist/rsd_profile
★ Facebook --- https://www.facebook.com/pages/RSD/233036310080416



BRISTOL X TOKYO / VARIOUS ARTISTS
2020年3月11日リリース

東京の名レコード店Disc Shop Zeroの店長であり、レベルミュージッ ク・スペシャリストであり、そしてブリストル・ミュージックのナン バーワン・サポーターだったNaoki 'DSZ' E-Jima(飯島直樹)は、2020 年2月12日、短くも辛い闘病ののち、多くの人々に惜しまれながらこの 世を去った。その生涯と仕事を通して、Naokiはブリストルと東京の音 楽シーンの重心として活躍し、同時に多大なる尊敬を集め、素晴らしい 友情を育んできた。この新作コンピレーション『Zero - Bristol × Tokyo 』の目的は、二つの都市が一丸となり、55曲にも及ぶ楽曲によって、こ の偉大な男に敬意を示すことである。リリースは、彼の誕生日である 2020年3月11日を予定している。
Naokiのブリストル・ミュージックへの情熱は90年代にはじまる。当 時、彼は妻のMiwakoとともに音楽ジャーナリストとしても活動してい た。この約30年間、二人はブリストルを頻繁に訪れ、アーティストと 交流し、レコード店を巡り、そして何かに取り憑かれたようにローカ ル・シーンを記録し続けた。二人はハネムーンでさえもブリストルで過 ごしたほどだ。
Naokiのレコード店であるDisc Shop Zeroは、ブリストルで生まれた 新旧両方のサウンドに特化していて、それと同時に、東京のアーティス ト、並びに世界中の多くのインディペンデント・レーベルを支援してい た。彼を経由した両都市のレーベルとアーティストたちの繋がりも重要 で、多くの力強い結束と友情がそこから生まれた。
近年では、音楽を愛する同志たちと共に、彼はあるムーヴメントを 始動させている。「BS0」と銘打たれたそれは、想像上のブリストルの 郵便番号を意味し、多くのブリストルのDJとアーティストたちに東京で のパフォーマンスの機会を与え、ツアーを企画し、二つの都市の間に架 け橋を築き上げた。Kahn&Neekをフィーチャーした初回のイベント( BS0 1KN)は大成功を収め、後に定期的に開催される「東京のブリストル」のための土台となった。
本コンピレーションのために、世界中から親切にも寄付された楽曲 が集まった。その多くが今作のために制作されたものだ。ブリストルと 東京だけではなく、さらに遠く離れたグラスゴーのMungo's HIFIやウィーンのDubApeたち、さらにその他の地域のアーティストたちも参 加している。

Naoki 'DSZ' E-Jima, owner of the famous Disc Shop Zero record store in Tokyo, rebel music specialist and No.1 supporter of Bristol music sadly passed away on 12th February 2020 after a short but intense illness. Through his life and work Naoki acted as a centre of gravity between the music scenes of Bristol and Tokyo, garnering much respect and forming great friendships along the way. This new compilation, 'Zero - Bristol x Tokyo' sees the scenes of both the cities come together to honour the man with a massive 60 track music compilation with a release date planned for his birthday, March 11th 2020. Naoki's passion for the music of Bristol began in the 90's while working as a music journalist together with his wife Miwako. They visited the city frequently over the following three decades, connecting with artists, record shopping and obsessively documenting the local scene, even spending time there during their honeymoon. Naoki's Tokyo record shop Disc Shop Zero specialised in the past and present sounds coming out of Bristol as well as supporting local Tokyo artists and many independent labels from all over the world. He became an important link between labels and artists in both cities and many strong bonds and friendships were formed. More recently, along with fellow music lovers, he started the 'BS0' movement - an imaginary Bristol postcode, and invited many Bristol DJs and artists to play in Tokyo, organising tours and building bridges between the two cities. The first event featured Kahn & Neek (BS0 1KN) a thumping success that laid ground for regular 'Bristol in Tokyo' events. Artists from all over have kindly donated tracks, many of which are exclusives, not only from Bristol and Tokyo but also stretching further afield from Glasgow's Mungo's HI FI to Vienna's DubApe and beyond.







秋本 "HEAVY" 武士

2001年夏、Fuji Rock Festivalにおいて、当時、最強のリズムセクションの名を欲しいままにしたドラムとベースのコンビ《DRY&HEAVY》衝撃の解体宣言後 GOTH-TRAD と共に、前人未踏の世界最先端 DUB SOUND を引っさげ、世界にその名を轟かせる《REBEL FAMILIA》で活動する 日本が世界に誇るレゲエ・ベーシスト、秋本 "HEAVY" 武士。

★ DRY&HEAVY Twitter --- https://twitter.com/dry_and_heavy






O.N.O a.k.a MachineLive

道無き道を切り開くが如く突進する猛獣のようなドラム達を世に放ち、他の追随を全く寄せ付けない完全オリジナルなビート職人。現在までに"THA BLUE HERB"とソロプロジェクト、合わせて10枚のアルバムを発表し、シーンの中枢を鋭く抉る独自の楽曲群を生み出し続けている。あらゆる音楽と現場を通過し選び抜かれたインスピレーションは、その感性とマシンを経て"O.N.Oビーツ"へと昇華され、MachineLiveと名付けられた、機材と肉体との有機的な合奏によるライブパフォーマンスに結実し、全国各地のフロアでビートジャンキー達に絶叫と熱狂を巻き起こし続けている。

★ O.N.O WEB SITE --- https://onomono.jp
★ THA BLUE HERB WEB SITE --- http://www.tbhr.co.jp
★ Facebook --- https://www.facebook.com/onomonojp
★ Twitter--- https://twitter.com/onomonojp
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/onomonojp






KURANAKA a.k.a 1945

 11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける絶滅危惧種の野生の日本人。開放的な上物と相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト!!20年以上に渡って日本のダンス・クラブシーンの最前線で活動する。Jungle、Drum&Bass、Dub、Dubstep、Trip Hopと呼ばれるSound systemミュージックそして日本のアンダーグラウンドミュージックシーンのパイオニア。
 2020年、25周年を迎える日本唯一のロングランパーティー「Zettai-Mu」(大阪Bay Side Jenny、名村造船所跡地、新宿・恵比寿Liquidroom、梅田club Dawn・Noon、西麻布Yellow・Eleven、代官山Unit、代官山AIR、難波Rockets、MotherHall、Club Quattro、Circus、渋谷Asia、京都Metro、World kyotoなど)をはじめ、近年盛り上がりを見せるBass music・Sound System partyの最高峰「Outlook Festival Japan」そして'13年にはAsia初となる Sonar Music Festival の国外サテライト・イベント「A Taste of SONAR」スペインの「International Dub Gathering (Rototom Sunsplash)」ジャパン、沖縄や本州の海で不定期に時開催されるビーチ・パーティー「Exodus Island」などの主催者でもある彼は、日本初の野外レイブ「Rainbow 2000」1996〜のレジテンツをはじめ、3度の「FUJI ROCK FESTIVAL」3度の「朝霧JAM」また「METAMORPHOSE」「Saturn」「Earth Dance」「渚音楽祭」「舞音楽祭」「明宝 Reggae Festa」「KAIKOO」「BASSCAMP」といった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。また シーンの草分け、東京の「Drum&Bass Sessions」や アンダーグラウンド・ヒップホップ最前線「Tight」等のレジテンツを努める他、和太鼓チームとのコラボレーション、DRY&HEAVY/REBEL FAMILIAのベーシスト AKIMOTO"Heavy"TAKESHI、DRY&HEAVYのボーカル AO INOUE、ディジュリドゥ奏者 GOMA、TOKONA-X、アイルランドのルーツシンガー CIAN FINN等をフィーチャリングしたステージや、BOREDOMSのE-DA、アコーディオン奏者 COBA 等とのセッション、また 若野 桂、Kads MIIDA、2-yang、Dragon76、Doppel、BAKIBAKI といったペインターと音の場で融合するといったパフォーマンスの草分けでもある。近年は日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文 とのライブセットでの活動や Shing02 とのコンビで 2つの国際芸術祭(2014年 ヨコハマトリエンナーレ、2015年 KYOTO PARASOPHIA)1年に渡り繰り広げられたステージを飛び出し観客と深化させる問題作『日本国憲法』がリリースされるなどジャンルや時代の垣根を越え様々なシーンで活動する。「海底2万マイル ZETTAI-MU 丸腰でトライするエンタープライズ ゼロ足しても掛けてもゼロ」THA BLUE HERBのBOSS THE MCが歌っている様に、シーンを底の底で牽引する日本のクラブシーンのパイオニア。
 25年以上もの間 年間 100 本近いギグを行い、これまでに日本・アジア・UK・ヨーロッパなど 50回以上のツアー行脚を行っている彼は、イギリス ロンドン、クロアチアの「Outlook Festival」スペインの「International Dub Gathering」などのヨーロッパや、中国、北京、上海、香港、台湾、韓国、フィリピン、ベトナム、タイなどをはじめとするアジア諸国でも活動している。国内においては LEE PERRYのジャパンツアーをはじめ、JAH SHAKA、ADRIAN SHERWOOD、ABA SHANTI-I、IRATION STEPPAS、DENNIS BOVELL、LKJといった Roots Reggae / Dub 界の重鎮達の来日公演から、世界最大のサウンドクラッシュ「Red Bull Culture Clash」においてGrand Winnerに輝いた Rebel Soundの SHY FXをはじめ、CONGO NATTY、RONI SIZE REPRAZENT、ANDY C、DEGO、The BUG、MALA(DMZ)等の Jungle / Drum and Bass / Dubstepのアクト、グラミー賞5冠制覇のDAFTPUNKの初来日公演、ロンドンオリンピックの音楽監督 Underworld、マーキュリー賞のグランプリ JAMES BLAKEの初来日公演にも招聘されている。またグラミー賞候補 カリフォルニア のFLYING LOTUS、NY・ブルックリンの COMPANY FLOW、AESOP ROCK、NINJA TUNE といったHipHop / Beats系、国内では「HAPPERS ALL STARS(Audio Active. Dry&Heavy. Tha Blue herb. 1945)」での全国ツアーや、BOREDOMS、THA BLUE HERB、REBEL FAMILIA(GOTH-TRAD+HEAVY)、GOMA、OKI DUB AINU BAND、QUIETSTORM 等とツアーを行っている。

 初期のリリースは「MOU」という名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 『MILLE PLATEAUX (ミルプラトー)』よりABSTRACT HIPHOPの先駆け『ELECTLIC LADY LAND』等にVADIM、THE BUG 等と並びクレジットされている。またコンピレーション『響現』や CISCO RecordsよりDRY&HEAVYのベーシスト AKIMOTO"HEAVY"TAKESHI をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。1945名義では TIGHTシリーズのMIXを煙突レコーディングスよりリリース。リミキサーとしても AUDIO ACTIVEのRemixをOn-u soundよりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE、CHURASHIMA NAVIGATOR(2019年4月リリース) 等の作品を解体〜再構築している。また ロンドン ICA 現代美術館、ヨコハマトリエンナーレ、KYOTO PARASOPHIAなどでのアートショウや、アメリカ ネバダ州 Burning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど活動は多岐にわたる。そして Jungle〜D'N'B 黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されている KORG「KAOSS PAD」が、彼のプレイからヒントを得て開発された事はあまり知られていない。また80年代の音色を復刻した彼モデルのSiren MachineはMALA(DIGITAL MYSTIKZ )やThe BUG等 世界ランカーが愛用している。

 強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。

Born in Kyoto, Japan. He is a descendant of the temples of the one of the most famous Buddhist monk in Japan history, the initiator of the Buddhist incantation chanting, drumbeating, and dancing (origin of the Bon festival dance).
 He makes full use of his 11 faces and 1000 arms to continue to be the beacon of peace and revolution, from his underground performances in Japan. His riddim to be combined with his open minded instruments that build-up upon, the Super heavyweight bass that goes back and forth with the whole body, with dub effects that of a beast, letting the floor dance madly with joy.  He is a Dub. Jungle and Sound system music pioneer who has been the undisputed leader in the genres for about 30 years. He has performed at over 2000 gigs, and has organized more than 500 Dances until now. He has organized w famous and important Dance in Japan "Zettai-Mu" began in 1995 (Bay Side Jenny, Namura Shipbuilding, Noon, Liquidroom, Unit, Yellow, Eleven, AIR, Rockets, Motherhall, Quatro, Circus, Open Air and more) it will be 25th anniversary 2020!! and then "Outlook Festival Japan" (ageHa Studio Coast, Sound Museum Vision and more) also "Exodus Island " "A Taste Of Sonar (its first time in Asia Sonar Festival)" "International Dub Gathering Jahpan" as well. He performs about 100 gigs a year for more than 25 years, and tour pilgrimages more than 50 times including Japan, Asia, UK, Europe , British London, Spain "International Dub Gathering" "Outlook Festival" and then active in the Asian countries including Beijing, Shanghai, Hong Kong, Korea, Taiwan, the Philippines, Vietnam, Thailand etc in recent years. and also He did use Sound System for Bass music first time in japan.
 Kuranaka (a.k.a 1945) also has been hugely successful with festival appearances throughout Japan, such as the Fuji Rock Festival, Rainbow 2000, Asagiri jam, Metamorphose, Earth Dance, Saturn, Dommune, Nagisa, Mai Music Festival , Outlook Festival and Sonar Festival. such as art museums (Yokohama Art Museum , Kyoto Museum of Art , London ICA etc), the Valley and seaside, Club Hall of city, the Gap of Building and the top of Desk, and the Your Ears.
and then He declined the offer of contract from many major label of japan also world. chose this way staying normal.
 Kuranaka has also toured Japan with Dub Reggaes such as Lee perry, Jah shaka , Aba shanti-i , Mad professor , Zion Train , Adrian Sherwood , Dennis Bovell etc. then Drum and Bass / Jungles such as Roni size Reprazent, Congo Natty, Shy fx, Andy C and many. More then he play with Daftpunk , James Blake , Darren Emarson Underworld , Ash Ra Tempel , Atari Teenage Riot and many more in First visit japan show. he also Performed Flyng Lotus , Battles , The Orb , Smith&Mighty , Cold cut Ninja Tune etc. ofcouse he also with Japanese Acts such as Boredoms, Dj Krush , Audio Active , Tha Blue Herb , Dry&Heavy , Oki dub ainu , Goma , Goth-trad and many more.
 He perform live set with "Kazufumi Kodama" of Japanese reggae originator from Mute Beat. also Didgeridoo player "Goma" and then The controversial product "the Constitution of Japan" developed by a combination with "Shing02" for two International Art Festival (Yokohama Triennale, Kyoto Parasophia) It was created and released for one year.
 He also creates and plays music with Heavy (Dry&Heavy, Rebel Familia), Ao (Dry&heavy), Goma (didgeridoo), Coba (Accordion), NHK Koyxen, E-da(ex.Boredoms), Iccihie (ex.Determinations) , Tokona-x etc. He released (suchas) DJ Spooky , DJ Vadim also The Bug as the name of "MOU", which is the pioneer Future Beat Music "Electlic Lady Land" from the well-known German's "Mille PlateauxI" Moreover, as the name of "Kuranaka", he attended compilation of "Kyogen" with Calm, Shing02 and so on. Furthermore, as the name of "1945", he released featuring alongside ex-Dry&Heavy's bassist, "Akimoto Heavy Takeshi". also released Mixs called "TIGHT" from "Entotsu Recordings". He(and his Live CDs) amassed the sold out sales including all the titles. As a remixer, he sends deep world, dissembles and reconstructs masterpieces done by On-U Sound (UK) Audio Active , Rebel Familia, Churashima Navigator, Original Love, Jun-Gold (Tha Blue Herb Recordings) and so on. The strong beats with the message is down to earth and very sensitive but mighty sense of "Past", "Now", and "Future". We are fighting against the monsters of our own creation. Remember 1945, Peace one love Harmonic future !!
 Japanese written "クラナカ" also his name in long time ago. and then "The Kaoss Pad" used habitually all over the world is.. Delay, Reverbe, Siren.. It was developed by him. and the his model "Siren Machine" thats using Mala (Digital Mystikz) also The Bug etc.  The message carried out from his strong beat, reaches those of whom both legs are grounded to our earth, is delicate, yet, powerful.. the 21st century taiko drummer, waves his flag to peace and love for a harmonic future. Somewhere, now today.

★ Facebook --- http://www.facebook.com/zettaimu.jp
★ Instagram --- https://www.instagram.com/zettaimu
★ Twitter(@zettai_mu) --- http://twitter.com/zettai_mu
★ Soundcloud --- https://soundcloud.com/kuranaka1945
★ Outlook Festival Japan --- http://outlookfestival.jp